BBW(ビッグビューティフルウーマン) きゃんでぃドロップス

2017年 11月 24日

159

太った女が好きな男の心理。デブ専女優の面白AVとはどんなもの?

工藤タツオ(AVカメラマン)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://nm-pocha.com/
 

VZVAOAYW.jpg

広い意味で、風俗にはデブ専という言葉がある。

デブ専とは太った女に接客させる店のことで、風俗店やスナックなどの飲食店にこの形態がある。

世の中には、太った女を好む男が意外に多く、この種の店はたいてい繁盛しているようだ。

デブ専の店では、オッパイの大きさがウリになっている。

Eカップなんて巨乳のうちに入らない。

Fカップは当たり前で、中にはHカップやIカップの女の子もいるというから、ちょっと普通ではお目にかかれない光景だ。

ところで、こういうデブ専の店が繁盛するのは、そのような店に通う男がいるからなのだが、彼らはどうして太った女が好きなのだろう。

普通なら、たいていの男はスレンダーな女の子を好むはずなのだが。

まあそこは、デブ好き男の性癖というほかないのかもしれない。

本物のデブ専とデブ専もどき

ところで、デブ専と称する男の中には、二種類のタイプがいる。

ひとつは、本当に太った女が好きな男。

そしてもうひとつは、太った女なら競争率が低いから狙い目だと見て「参戦」する男だ。

いわば、無駄な競争を避けて、効率よく女を手に入れようとするタイプの男。

こういう男は、次から次に太った女を狙っていく。

太った女なら、それほど金と手間をかけずにゲットできるのはいいけど、好きでもないタイプの女を抱いて嬉しいのか、と疑問に思ってしまう。

まぁ、そのへんは好き好きでいいのかもしれないけどね。

AVの世界に見るデブ専とは

ところで、AVの世界に目を転じてみると、デブ専というのはマニアックなAV部門としてあるにはあるが、意外と制作本数は少ないようだ。

それはどうしてなのか、元AVカメラマンとして考えてみた(笑)

すると、理由はすぐにわかった。(気がする)

それは、太っていると、アソコに挿入したのがわかりにくいからではないか、ということだ。

普通の体型の男優と女優なら、セックス中に挿入部分がバッチリ見える。

男なら誰でも、女のアソコにペニスを出し入れするシーンを見たいはずなのだ。

そうだよね?

だけど、太った女では挿入部分がよく見えないから、デブ専のAVはあまり人気がないのではないか、と僕は結論づけた。

しかし、デブ専の男は挿入部分は見えなくても、大きなオッパイを揉みまくるシーンがあれば、それだけで満足というタイプも少なくない。

そういえば、僕がカメラマンだった当時、デブ専のAV女優として知られた女性がいたよ。

名前は忘れちゃったけど、とにかくオッパイがでかくて、サイズは聞いたことないけど、たぶんIカップくらいあったように思う。

当時はIカップなんて表示はなかったはずだから、規格外のオッパイということになるのかな。

彼女の得意な体位は騎乗位。

というか、監督が騎乗位をさせたがる。

なにしろ、騎乗位で腰を振るたびに、Iカップのオッパイが揺れまくるからすごいのなんの!

アンアン喘ぐ彼女の声とドスンドスン響く尻を落とす音に加え、ブルンブルンとオッパイが揺れる効果音まで付け足して、ちょっと笑えるAVを作っていた。

もちろん、そんなAVはあまり多くは作られてないけど、セックスシーンに効果音を入れた作品なんて、おそらく彼女の出演作くらいしかないだろうな。

そういう意味では、彼女の出演作は貴重なAVといえるのかもしれない。

文|工藤タツオ(AVカメラマン)

ぽっちゃりクラブ 福盛
恥じらいぽちゃ
大阪ぽっちゃりマニア
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店