BBW(ビッグビューティフルウーマン) きゃんでぃドロップス

2017年 12月 06日

43

【ライブチャット裏話10】チャットレディがお客さんとしてはいけないこと

タオ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.p-station.info/
 

YQNAKWUU.jpg

以前「アダルトチャットで出来ること、出来ないこと」という記事をご紹介しましたが、アダルトチャットでの行為以外にも、守らなければいけないコンプライアンスがあるのです。今回はチャットレディがお客さんとしてはいけないことを3つご紹介します。

ライン、電話番号、メアド交換禁止

よくチャットをしていると、「直接連絡しようよ」「マイクの調子が悪いからスカイプID教えて」などと言われることが多いのですが、直接連絡が取れる番号やアドレスを教えることはサイト側からも事務所からも禁止されています。チャットをするには男性はポイントを買わなければいけませんが、直接連絡出来たらチャットをする必要がないですよね。そんなセコい人は女の子にも嫌われてしまいます。こういうときには「ごめんなさい、直接連絡を取ることは禁止されているんです」とハッキリ言いますが、中にはキレてくる男性もいます。そういう男性は「バン」や「キック」といって、女の子が強制的に男性をログアウトさせたり、サイト側に通報したりする方法を取ります。

直接会うことは禁止

住んでいる場所が同じ都道府県内だったりすると、直接会うことを求めてくる男性がいます。これもご法度です。いくらチャットで仲良くなっても会うまではお互いの素性はわかりません。もし車やホテルに連れ込まれたら、待ち伏せされたりストーカーされたら、と考えると恐ろしいですよね。女の子のプライバシーを守るためにも直接会うことは絶対にしてはいけません。また、出張でそっちに行くから案内してよなどと言われたこともありますが下心見え見えです!チャットレディはデリヘル嬢ではありません。チャットレディとのコミュニケーションは画面を通じてのみお楽しみくださいね。

個人特定に繋がる情報はお互いに聞かないのが鉄則

チャットレディは男性の個人特定に繋がる情報を聞いてはいけません。都道府県、年齢、職業までは基本的に大丈夫ですが、会社名や学校名、市町村まで聞いてしまうと個人を特定されてしまう危険性があります。逆に男性側も女の子に聞いてはいけません。好きな女の子の情報は知りたくなってしまうものですが、そこは我慢が必要です。実際に個人特定をしてしまい、警察沙汰になったという事件も全国で起こっています。個人情報などを聞かなくても、チャットの中だけで楽しめるような信頼関係を築きたいものですね。


文│タオ


↓↓↓マニアックスライター陣がエロネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
アフィリエイト


ぽっちゃりクラブ 福盛
キューティーキューピット
ぽっちゃりハム 新宿店
大阪ぽっちゃりマニア

このコラムを書いた人

タオ

元チャットレディ。ノンアダルト、アダルトを経験。今はお堅い仕事やってます。

タオ

関連するその他の記事