BBW(ビッグビューティフルウーマン) きゃんでぃドロップス

2018年 01月 31日

22

【ライブチャット裏話17】私がチャットレディを始めた理由

タオ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.st-rakuen.jp/
 

NKYJCSYM.jpg

高収入、高待遇と謳われるチャットレディですがそれは、アダルトな行為があったりリスクが伴うからこそ得られるものです。ではなぜ私がチャットレディを始めたのか、その理由をご紹介します。

①お金

第一の理由はやはり「お金」です。当時他のアルバイトはしていましたが学生の身分で高い服を買ったり友達と飲みに行ったりと、収入以上にお金を使う生活をしていました。ある日街中を歩いているとティッシュ配りのお兄さんにチャットレディ募集の広告の入ったティッシュをもらいました。なんとなく直感で「これやってみようかな」と思い、半信半疑で事務所に電話。面接を経てなんとその日からチャットレディを始めました(笑)最初はノンアダルトから始め、会話が中心でしたが、だんだん「もっと稼ぎたい」と思うようになりアダルトにも登録することにしました。最初は抵抗がありましたが、慣れてしまえばそのような気持ちもなくなり、むしろエッチなことが好きになってしまいました。ノンアダルトでは一日最高で8000円程度の稼ぎだったのが、アダルトを始めると8000円〜最高20000円は余裕で稼げるようになったので、一瞬でお金に困ることはなくなりました。

②エッチなことが好きだった

私はもともとエッチなことが大好きで、彼氏がいてもセフレはいました。完全に若気の至りだと思います(笑)ノンアダルトしかやっていなかった時も、「おっぱい見せて」と言われた時には見せていました。しかし、ノンアダルトは一応このような行為は禁止なので何回かペナルティをくらい、スタッフさんに「そんなに脱げるならアダルトやれば?」と言われたのがきっかけです。アダルトだと性器も手で隠せばペナルティにならないので、むしろ解放された感じがありました。そこからはいろんな性癖を持った男性に出会い、開発され、「エロス」の世界に足を踏み入れることになったのです。人間の欲望の果てしなさを知ったような気がします。

③チャットレディという世界を知りたかった

「脱ぐ」仕事は世間一般では、あまりいい顔をされないと思います。そして脱ぐ仕事をしている本人も人に言いにくいです。私も親や友達に言えなかったですし、この仕事をしていたことを今でも誰にも言っていません。しかし、チャットレディは立派な仕事です。女の子たちは日々身体を張って男性の欲望を満たしています。私はそこで働く女性やスタッフさん、ライブチャットを使う男性のことを知りたくてこの世界に入ってみました。この仕事をしていたことを後悔はしていませんし、むしろあまり人が経験しない仕事を経験出来たのでよかったと思っています。


文│タオ


↓↓↓マニアックスライター陣がエロネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
アフィリエイト


ぽっちゃりクラブ 福盛
恥じらいぽちゃ
大阪ぽっちゃりマニア
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

タオ

元チャットレディ。ノンアダルト、アダルトを経験。今はお堅い仕事やってます。

タオ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店