2019年 05月 16日

16

退魔師たちの時間 第4話:金髪の美女は少女を抱く・2

とーらす

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://kobe-pocha.com/
 

MRZZQPCJ.jpeg

 半裸の状態の少女に覆いかぶさった金髪の美女ショウコは、彼女と唇を重ねた。
 ショウコの舌が、少女の唇をノックする。
 少女はおずおずと唇を小さく開けた。ショウコの舌が、ヌルリと口の中に入り込む。
 入り込んだ舌は少女の舌をしごき、絡ませる。
「んん……んぅ……」
 ショウコの舌で愛撫される舌から快感が走ってきて、少女は唇と唇のかすかな隙間から甘くくぐもった声を漏らす。
 唇で唇を、舌で舌を味わいながら、ショウコは片方の手を彼女の胸へと伸ばしていく。
 控えめなサイズの乳房が握られ、揉まれる。
「あんっ……んっ……あっ」
 リズミカルに動くショウコの指。口の中だけではなく、胸からも快感が走ってきて、少女は声の中にある甘い響きを濃くしていった。
 唇と舌を充分に味わったショウコは、美貌を彼女の股間へと近づけていく。
 両足首を掴み、少女の脚を大きく広げるショウコ。柔毛で飾られた股間にショウコの視線を感じ、少女は羞恥で顔を赤く染めた。しかし隠そうとはしない。ソコをショウコに見せる。
 そんな少女の股間に、金髪の美女は顔をうずめて真っ赤な舌を伸ばした。
 まるで血でも吸ったかのように赤い舌が、柔毛をかき分けて少女の証しであるスリットを露出させる。
 そのままスリットに沿って這うショウコの真っ赤な舌。少女の股間は美女の唾液で濡れていった。
 ピチャピチャ、ピチャピチャと舌がスリットを愛撫する音が暗い教室の中に響く。
 その音に、
「あっ、あっ……あふ……んっ……ああ……」
 と、少女の快感の色に満ちた声が混ざった。
 何度も赤い舌が往復するうちに、少女の股間は唾液以外のものでも濡れるようになっていく。
 快感によって溢れだした、少女の淫らな蜜。
 それがショウコの唾液と一緒になって少女の股間を濡らしていった。
 金髪の美女は淫らな蜜をすくい取るように舌を動かす。美女の舌には、極上の酒のように感じられた。
 それをもっと味わうかのように、ショウコの舌の動きは激しさを増していく。
「ああっ! あふっ! ふあっ!」
 股間から疾走する快感が強まり、少女が口から漏れ響かせる声は大きくなっていった。
 スリットから溢れる蜜の量が増えていく。ショウコは淫蜜を味わいながら、両手を彼女の乳房へと伸ばす。
「あんっ!」
 控えめなサイズの乳房を握られ、そして揉まれて、少女は肩を跳ねさせて喘ぐ。
 股間だけではなく、乳房からも走る快感。赤く染まって汗で濡れる少女の体が震える。
 ショウコは舌の動きをさらに激しくさせ、乳房を揉む指の力を強めていった。
 疾走する快感が大きくなり、それに合わせて少女の体の震えは大きさを増していく。
 快感が少女の中で高まる。感じるのは、ショウコの指と舌が与えてくれる快楽だけとなっていった。
 喘ぐ少女は視界が白く染まっていくような錯覚を抱く。
 快感が高まるのに合わせて、視界を染める白さが濃くなる。
 ショウコが乳房をギュウッと握り、舌全体を使って強い勢いでスリットを舐め上げた瞬間、
「はうあっ!」
 少女の中の快感が爆発した。
「あっ、あっ……ふぅあああっ!」
 ブリッジをするように背中を弓なりに反らし、ガクガクと体を震わせる少女。
 スリットからは淫蜜が大量に噴き出し、ショウコの美貌を濡らした。
 絶頂し、脱力する少女。ショウコはそんな少女の頬にキスをする。
「本当に可愛いわよ」
 耳元でささやかれ、少女はくすぐったそうに首をすくめた。
 そんな彼女の顔に、ショウコは手のひらを当てる。直後、ビクッと震える少女の体。
「あっ、あ……あぐぅっ!」
 苦しげな声を漏らしながら、ビクッ、、ビクッと体を震わせる少女。まるで陸に釣り上げられた魚のようだ。
 ショウコが手のひらを離すと、少女の体の震えは止まる。そして、彼女は意識を失った。
 死んだように見えるが、乳房は小さく上下している。死んではいない。
 精気を吸われ、意識を失ったのだ。
「さて……」
 少女から精気を吸収したショウコは下着とスーツを身に着ける。
「そろそろ退魔師が気づく頃でしょうね。ま、対策は練ってある。計画に変更はなしだわ」
 そんな言葉を漏らし、ショウコは教室を後にした。
 意識を失っている少女が警備員によって発見されるのは、それから数時間後のことであった。

《女神の城》の一室。そこにはミレイの他にリオとアンジュが集まっていた。
「連続して起きている意識不明事件は……」
 リオとアンジュの師匠であるミレイは、酒が満たされているグラスをもてあそびながら切り出す。
「魔物が関わっているとみるべきだろう」
 とはいえ、学園の外からの調査では限界がある。ミレイは弟子2人に学園の中から調査をするように告げた。
「どうやってですか?」
 リオが疑問を口にする。
「そうだな、手っ取り早いのは、学生として潜入する、だな」
 師匠の言葉にアンジュは「そうですね」と、うなずく。
「確かにそれが手っ取り早いですね」
「そうだろう?」
 納得するアンジュとミレイだが、
「ちょっと待ってください」
 リオだけは納得がいかなかった。
「師匠、アンジュ1人だけ潜入させるのはリスクが大きいと感じます」
 妹弟子のアンジュ。リオから見ると、まだ未熟な面がある。そんな彼女を危険が潜んでいるかもしれない場所に1人で潜入させるのは、リスクが大きいと言わざるをえなかった。
「誰がアンジュ1人を潜入させると言った? リオ、お前も一緒に潜入するんだ」
「まあ、それならリスクは小さいでしょうね……」
 師匠の言葉に納得しかけたリオだが、「ん?」と疑問の声を発する。
「ちょっと待ってください師匠……今なんて言いました?」
「なんだ、聞こえなかったのか? お前もアンジュと一緒に学園に潜入するんだ」
「…………」
 リオはミレイが何を言ったのか、すぐには理解ができなかった。
 理解するのに少しの時間を必要とした。理解すると、
「はああっ!?」
 と思わず間抜けな声を上げてしまっていた。



文│とーらす

マニアックスのコラムは、ユーザーさん・ライターさんから投稿されたコラムを掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。真に受けて実践するとトラブルになる場合がありますのでご注意ください。


▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト▼

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。



この記事もオススメ!
アラフォー非モテの僕が出会ったその日に確実に本番に持ち込めるようになった方法
手コキ体験レポート!ド素人S痴女の気持ち良すぎる48手に悶絶
「舐められ女」は実在した!ド変態マスク女との出会い
出会い系は変態「舐められ女」だらけ!クンニ好き美女人妻をまた逝かした
エロ看護師手コキ痴女と強制3回戦!ドS変態に電マあてられチリ悶絶
無料風俗宣言「健全店」で抜けるのか?超健全タイマッサージでオイル睾丸きた~♪
100%健全メンズエステ店で「ヌキ」事故!これぞ無料風俗!お相手はセフレ候補?

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、手コキ風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗・エロ・下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)投稿内容に応じて『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!

投稿フォーム
info@tekoki-fuzoku-joho.com

また、こちらは当サイトの多くのライター・ユーザーがエロ記事ネタ作りに入り浸る出会える系サイトです。即セックスやセフレ作りができたら、体験談を編集部までお送りください!

ハッピーメール無料登録はこちら R18

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけですと、お気に入りの相手がいてもメッセージの送受信もできません。身分証以外にもクレジットカード(デビットカードも使えます)を使って100円だけ決済すれば、1分もかからず全機能をご利用頂けます。余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントも加算されますので、20人以上の女性にアプローチできますので、マッチング確率が一気に高くなります!

チリペッパー小田チャンネル開設!エロ系潜入動画たくさん公開します

マニアックスから生まれた変態暴走おじさん、ついにYouTuberデビューですw
メンズエステ、出会い系から闇の深い裏風俗まで、エロ系潜入動画をたくさんアップしていきます。コラム記事に書かない情報も発信しますので、この機会に是非っ!チャンネル登録お願いします!!

ぽっちゃりハム 新宿店
キューティーキューピット
大阪ぽっちゃりマニア
大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

このコラムを書いた人

とーらす

牡牛座(トーラス)生まれのトラ猫……もとい、エロ小説家。手コキ風俗マニアックス様に運良く拾われましたw得意なのはジュブナイルポルノと呼ばれるライトノベル調の官能小説です。今まで何をしていたのか……それは内緒です。

とーらす

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店