BBW(ビッグビューティフルウーマン) きゃんでぃドロップス

2018年 04月 17日

2045

ぽっちゃり系の究極ってどんな娘か?

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://kyushudeliveryhealth.x.fc2.com/
 

THYQDHEQ.jpg

▲このフォルムは究極と言って良いでしょう
『究極のぽっちゃり』鈴村ちゃん
http://www.k-pocha.com/

脚フェチの方は脚の形そのものや、脚をきれいに見せるためのストッキングやスカート、声フェチの方は、セックスをやっているときの喘ぎ声や、声優など「音方面」での活躍具合など、「その道」を極める条件や物差しをそれぞれお持ちかと思います。同じように、ぽっちゃり好きの方にも独特のこだわりがあると思われますが、「究極のぽっちゃり系」って、どんな娘なのでしょうか。ここでは、「ぽっちゃり系のこだわり要素」をつきつめることで、「究極のぽっちゃり系」像をあぶりだしていきます。

平均より見た目が大きめであること

まずは「見た目のイメージ」です。イメージというと、見る側からすれば千差万別のようにも感じられますが、芸能人などに適用される「ぽっちゃり系」は、ほぼ「背丈ではなく、横幅として若干大きめの層」として特定できます。それは「日本人女性の平均的体系以上の大きさである」ということです。とはいえさすがに(オカマですが)マツコデラックスまでいくと行き過ぎている感がありますので、大きさ目線でのストライクゾーンは、「平均より大きく、なおかつ平均のおよそ三倍以下」というところでしょうか。

それなりに巨乳であること

次に、ぽっちゃり好きでなくとも非常に大切な要素である「おっぱいの大きさ」ですが、「それなりに巨乳であること」が求められます。「平均より大きめで、おっぱいが小さい」と、見ようによっては男性(というかお相撲さん)のように見えてしまいます。ということは、実はおっぱいの大きさが、「ぽっちゃり女子としての大事なアイデンティティのひとつ」であることがうかがえます。

付加価値としての「可愛い」、「清楚」など

「平均より大きめ」、「それなりに巨乳」、この二要素で「ぽっちゃり系」の土台が築かれるのですが、さらに付加価値として、ぽっちゃり系ではない通常女子でも高評価のポイントとなる「顔が可愛い(または美人)」、「全体的に清楚な雰囲気」などが加わると、いよいよ「究極のぽっちゃり系」に近づいてきている、といえます。最後の仕上げは、人それぞれの好みによるところが大きいのですが、風俗店で「究極のぽっちゃり系探し」をリアルに実行してみると、答えが見つかるかもしれませんね。


究極のぽっちゃりの見本市
http://www.k-pocha.com/ladies/


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


ぽっちゃりクラブ 福盛
キューティーキューピット
ぽっちゃりハム 新宿店
大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店