2018年 05月 08日

1097

ボンレスとぽっちゃりの関係性とは?

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://pochari-mania.net/
 

ITTUFBXU.jpg

▲ボンレス系ポチャのニーズも高いです。
BBW西川口店 http://nk-bbw.net/

かつてJRA(日本中央競馬会)の競走馬に、「タカノプリマ」と「ベルシャルマンテ」という馬が存在していました。当時二頭の組み合わせ馬券は「ハムとワイン馬券」などと呼ばれ、ちょっとした話題になっていたものです。前者はプリマという言葉がハムを思わせ、後者は名前そのものがワインっぽい、というところからきているのですが、ハムの王様といえばボンレスハム、ボンレスハムといえば「ぽっちゃり」という連想をしてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

ハム→ボンレス→ぽっちゃりの連想

ボンレスハムは、直訳すると英語の「boneiless」、つまり「骨がない」ハムという意味なのですが、ボンレスハムが「くびれのない大きな肉=ハムの塊を、紐で縛ってパックする」という、他に例を見ない独特の形状で長年流通しているため、「縛ってあるのがボンレスハム」というイメージが浸透しています。この視覚的イメージはエロの妄想にもつながり、ちょっと太目の女の子の、キャミソールの肩紐がくいこみや、目の粗い網タイツをはいた脚の様子などから、広い範囲で「ボンレス」という表現も使われています。

「おいしい」で共通している

あくまでも好みの世界ではあるものの、世の中のハム好きとぽっちゃり好きは、ボンレスなハムや女の子を見ると、とても魅力的に映ることでしょう。食欲と性欲の違いはあるものの、両社の好意的なイメージは、「おいしい」で共通している、といえそうです。「太目の本体を細い紐できつめに縛る」ことで、人間の本能に訴えかけてくるという現象には、非常に感慨深いものを感じます。

競馬だとぽっちゃりは不利

冒頭でお話しした「ハムとワイン」ですが、競馬の世界では「理想的な体系ではない、やや豊満な場合」に「太目」、「ふっくら」といった言葉で表現されることが多く(逆にやせすぎていると「ガレている」といいます)、太目だと残念ながら勝ち馬馬券につながる確率は低下する傾向なのですが、趣味の世界においてはまったくそんなことはなく、「ボンレス」や「ぽっちゃり」はマニアックな好みの世界でこそ活きる、といえます。ぽっちゃり風俗に出かけた際には、ボンレスプレイを楽しんでみたいところです。


文|つかもとまさし


編集部注:なんのこっちゃ

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

大阪ぽっちゃりマニア

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事