BBW(ビッグビューティフルウーマン) きゃんでぃドロップス

2018年 06月 11日

938

【トンデモ風俗客列伝】都市伝説レベルの変態・山本さんについて

宮下コーキ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://www.kawasaki-banana.com/
 

YHMUJDCX.jpg

シリーズで書いております、「トンデモ客列伝」。
グレーな業界ならではの、グレーなお客さんたちを紹介している
このシリーズですが、今回スポットを当てるのは、
なかなかの強者でございます・・・!

狙われた「ここみさん」

僕がいた風俗店の嬢に、
「ここみさん」という嬢がいました。

ここみさんは、顔だけでいうと・・・
そうですね〜、AKBにいそうな感じです。

スバ抜けてかわいいというわけじゃないけど、
なんか人気が出そうな感じ。
センターじゃないんだけど、
総選挙でいつも20位近辺にいそうな感じ。
伝わりますかね?(笑)

そして、肌がきれいでスベスベなのもポイント。
愛嬌もあります。

ただ、ここみさんの最大のウィークポイントは、
その体格です。
まず、小さいです。150cm未満。
それだけならいいんですが、なんとガッチリしています。

要するに、チビマッチョ。あ、女性ですよ(笑)

すごく筋肉質で、ほんと「ガッチリ」という表現がぴったり。
体重は60キロ以上はあると思います。
本人は筋トレなんかはしていないんですが、
骨格の問題なんですかねえ・・・。

なので、バストアップの写真はかなり好評なんです。
もちろん、受付では、全身ショットは見せません。
商売なので(笑)
そして、初めて指名してくれたお客さんに対しては、

「ちょっとぽっちゃりですが、大丈夫ですか〜?」

というわけです。

すると大抵のお客さんが指名してくれるのですが、
返ってきてくれる(本指名してくれる)お客さんはなかなかいません・・・。

やはりぽっちゃりというか、ガッチリなところがお気に召さなかったんでしょう。

山本さんの本指名が・・・!

そんな中、山本さん(仮名)という人は、
いつもここみさんを指名する人でした。

山本さんを最初に担当したのが僕なのでよく覚えているのですが、
テンションが高くて釣りの好きなおじさん、でした。

「この子かわいいじゃん〜!!」

とここみさんの写真を指さしたので、
いつものように、

「顔はいいんですけど、スタイルがぽっちゃりで・・・。
大丈夫ですか?」

と僕。

山本さんは、「全然大丈夫だよ〜」
といって、ここみさんを指名してくれました。

そしてここみさんを山本さんのホテルに派遣。

プレイ後のここみさん→ストレスレベル10

プレイ終了後、帰ってきたここみさんは、
とっても疲れていました。

疑問に思った僕がワケを聞いてみると・・・

ここみさん:「ヨダレちょうだいってしつこくて・・・」

なんと!
山本さん、そっち系の趣味か・・・。

あまりにしつこいので、ヨダレ、あげたそうです。
しかもコンビニの袋に入れて・・・

なんか現代のオカルトみたいになってきましたが、
実話なのでしょうがありません・・・。

そしてそれから数週間後。
また山本さんがやってきました。

「いや〜!この前はよかったよ!またあの子ね!」

と言ってここみさんを指名。

ここみさんに伝えると、
ものすごくがっかりした顔をしていましたが、
ここで励ますのもスタッフの役目です。

常連さんつくっときましょう!

と、それらしいことを言って、
ここみさんを派遣します。

プレイ後のここみさん→ストレスレベル50

そして帰ってきた彼女は、前回よりも疲れていました。
今度はなにがあったのか・・・。

ここみさん:「今度はさ・・・ペットボトル持ってきてて・・・」

僕:「え!?」

ここみさん:「500mlのヨダレがほしいって言ってきて・・・」

この量は尋常ではありません。

分かりますよね?
想像してみてください。
唾液のみで、500mlのペットボトルをマックスにするのって、
かなりきつくないですか・・・?

そのとき山本さんは、120分コースでここみさんを指名したのですが、
プレイはなにもしなくていいから、
とにかくヨダレで500ml のペットボトルをマックスにしてくれ、
というお願いがあったそうです。

サービス精神旺盛なここみさんは、なんとやりきってしまったとか・・・。

断ってもいいんですよ、と言うと、

ここみさん:「常連、つくるんでしょ・・・」

と、嬢の鏡のようなお言葉。

まあ、プレイをしなくていいわけですから、
肉体的には楽なわけですが、精神的にキタみたいです。

一応解説しておきますが、
「ヨダレをくれ」というのは、実は風俗店ではよくあるお願いです。
コアなお客さんは、ヨダレを欲しがるんです。

そして、それに満足したのか、
山本さんは2ヶ月ほど、うちのお店に現れることはありませんでした。

しかし・・・。
3ヶ月が経ったある日。

プレイ後のここみさん→ストレスレベル100!!

山本さん:「よう!久しぶり!」

げっ・・・!!
きやがった・・・!!

釣りの帰りらしく、
いろいろな荷物をもっています。

嫌な感じは顔には出さずに丁寧に接客すると、
やはりここみさんを指名。

さすがのここみさんも嫌がっていましたが、
「喉元過ぎれば」ってやつで、
かつてのヨダレ事件の後遺症も癒えていたのか、
結局本人からOKがでました。

そして、ホテルから帰ってきたここみさん。

・・・死んでる・・・。

なにがあったのか聞くと、

ここみさん:「・・・おしっこ・・・だった・・・」

エスカレートしてる・・・!
今度はそっちにいったか!!

今回は、釣れた魚を入れるためのアイスボックスにおしっこをしてくれとの
オーダーだったらしく、また120分かけて、そのアイスボックスを
おしっこで満タンにさせられたそうです。

もしや、釣りの格好はカモフラージュだったのかもしれない・・・。

さすがのここみさんも、
今回の一件で山本さんをNG客にしました。

ちなみに、お客さんをNGにするというシステムは、
基本的にダメです。

嬢に好みでお客さんを選ばれたら、
お店が回らなくなりますからね。

都市伝説レベルの変態なのか・・・?

しかし、今回のケースは例外です。
店長にも話した結果、他の嬢にも同様のことをする恐れがあるので、
山本さんは出禁になりました。

人それぞれ性癖というのはありますが、
ここまでのお客さんはそうはいません。

やはり外見からは分からないものですよね・・・。

しかし、考えてみると、
山本さんは、うちの店だけでこういうことをしていたとは思えません。

他の店でもしていたとなると・・・

山本さんの家はとんでもないことに・・・

もしやそういうコレクションコーナーがあったり・・・??

やめましょう。
考えるとコワイ。。。

次回はフランクなお話を書きますね!!(笑)
それではまた!


文|宮下コーキ


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


ぽっちゃりハム 新宿店
キューティーキューピット
大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚
虹色メロンパイ横浜店

このコラムを書いた人

宮下コーキ

元風俗店店員。大学卒業後、文化放送で構成作家になるのだが、「人生経験を求めて」という軽いノリで風俗店勤務へ。スーパーグレーゾーンな日常、語っちゃいます。

宮下コーキ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店