2019年 08月 22日

2304

親の介護で風俗に行けないデブ専好きの男とセックス

清水照美

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.love21-chanko.com/
 

BACVLHFW.jpg

私は在宅介護のケアマネージャーをしている。

高齢者がいる家庭を訪問して、介護の相談に乗るのが仕事だ。

私が担当している中に、小林さんという50代の男性がいた。

小林さんは、体が不自由な父親の介護をしていた。

介護はもう3年にもおよんでいた。

脳梗塞で寝たきりの親の介護をするのは並大抵のことではない。

「毎日大変ですよね」
「いやあ、自分の親ですから当然ですよ」

ねぎらいの言葉をかけると、小林さんは屈託のない笑顔を見せた。

「寝たきりの介護は大変ですからね。小林さんは偉いですよ」
「そんなことないですよ」

小林さんは、会社勤めを辞めて父親の介護に専念していた。

以前は結婚していたが、父親の介護が必要になると嫁は出て行った。

「だけど、お父さんの介護があるから、外出もままなりませんね」
「そうなんですよ。それが困りものでねえ」
「2〜3時間くらいなら私が見ててあげますよ。たまには息抜きしてらっしゃいな」
「息抜きったってねえ」
「風俗でもいらっしゃればいいのに」
「いや、昔から風俗とかあんまり行かないから」

小林さんは急に焦りだした。こういう話題は好きではないようだ。

ちょっとまずかったかなと思ったけど、言ってしまったらもうあとには引けない。

「こういうときだから行くんですよ。スッキリしてらっしゃれば」
「うーん」
「だって、まだあっちのほうは元気なんでしょ」
「そりゃまあね」
「駅前にあるじゃないですか。ぽっちゃり系の風俗が」

小林さんの奥さんがぽちゃ系なのは、写真を見て知っていた。

だから、ぽっちゃりした女が好きなのだろうと思ってデブ専風俗の話をしたのに、小林さんは乗ってこない。

この話をする前に、私はブラウスのボタンを外しておいた。

私は胸が小さいから、これで前かがみになるとブラまで丸見えになる。

話をしながら、小林さんの視線がチラチラ私の胸元を走った。

それを見た私は、思い切って核心の話を切り出した。

「なんなら、私が風俗と同じことをしてあげてもいいですけど。それなら家を空けなくてもいいですよ」
「えっ」
「1万円でどうですか。風俗行くより安いでしょ」

私はこのやり方で、親の介護をする男数人を相手に小遣い稼ぎをしていた。

そこで小林さんにも声をかけてみたのだが、失敗だったかもしれない。

だけど、この手の話は一度口にしたら引っ込みがつかない。

もし断られて会社に報告されたら、間違いなくクビになる。

ぐずぐずしてると危いと思った。

私は小林さんが断る前に、既成事実を作ることにした。

素早く小林さんの前に回り込み、膝をついてズボンのファスナーを下げた。

「あ、ちょっと、ケアマネさん」

小林さんはそう言ったきり、あとは黙ってしまった。

幸いなことに拒否する様子はなく、むしろこれから起こることを期待しているのがわかる。

開けたチャックからくたびれたペニスを引き出してすぐ口に入れた。

「あぅぅ、ケアマネさん…」

小林さんは苦し気な息遣いをした。

小便の腐ったような臭いを我慢してしゃぶっていると、半立ちだったペニスが口の中でゆっくり持ち上がってきた。

50を過ぎても、十分に現役の男だ。

「ケアマネさん、やっぱり困るよ」

私はそのセリフを無視してこう言った。

「コンドームありますか。風俗よりいいことしてあげますよ」

私は咥えながら、片手でパンティを下ろしてスカートをめくり、陰毛が見えるように下腹部を突き出した。

目の前に確実にやれる女がいる。男なら心が動かないはずがなかった。

「ああ。確かあったな」

小林さんはズボンから勃起したペニスを出したまま、寝室に入ってすぐ戻ってきた。

少し色あせた紙の箱にコンドームが3個ほど入っていた。

小林さんの奥さんが介護疲れで出て行って2年になる。

このコンドームは、おそらく奥さんと使ったものの残りだろう。

下半身だけ脱いでカーペットに横たわると、小林さんはあわただしく私の中に入ってきた。

「あふぅ…」

思わず声が漏れた。

小林さんは手慣れた感じで私を抱いた。

20年以上夫婦生活してきたのだから、セックスに慣れてるのは当たり前だ。

「あっ、あっ、うっ、ううっ」

私はすぐに喘ぎ始めた。

小林さんが射精するまでに私は2度イカされ、全身を痙攣させて絶頂した。


文|清水照美

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

ぽっちゃりクラブ 福盛
ぽっちゃりハム 新宿店
大阪ぽっちゃりマニア
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店