BBW(ビッグビューティフルウーマン) きゃんでぃドロップス

2017年 03月 15日

73

キャバクラってどんなとこ?キャバ嬢の人口や人気の秘密

瀬尾マサト

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://pocha-ham.net/
 

IZJRSOOL.jpeg

夜のお遊びの王道と言えばいまやデリヘルとキャバクラですよね。抜きか飲みか、どちらにしても「女の子と遊びたい!」そういう男性的な欲求が感じ取れます。キャバクラとはどういうところなのか、その歴史や意外な女性人気を誇るキャバ嬢についてご説明していきます。

キャバクラって何をするところなの?

キャバクラは男性客がキャバ嬢と呼ばれる女性従業員に接待をされながらお酒を飲んで会話を楽しむというお店になります。普通の居酒屋やバーの店員、またはスナックのママなどとは違い、キャバ嬢はお客の隣に座って接待をする形になります。

何をするのか、と言われると「お酒と会話を楽しむ」くらいしかありません。しかし、実際にはその場の空間を楽しんだり、女の子からチヤホヤされたり、キャバ嬢と店外デートして擬似的な恋愛を楽しんだりとお客次第で遊び方は色々な形になります。逆に言えば、抜きなどその場の性的快楽を求める人にとってはあまり興味のない業態かもしれませんね。あくまでも精神的な高揚感を楽しむ場となります。

キャバクラの歴史について

キャバクラはもともと、フランス語のキャバレーと英語のクラブが組み合わさってできた和製外来語です。キャバレーというのは明朗会計の時間料金制を意味し、クラブは会員制でワンランク上の高級感を持った形態になります。

1980年代ごろから世の中に登場し、現在ではデリヘルと並び夜遊びの王道的存在にまで成長してきました。キャバ嬢の数もいまや全国で2~4万人以上はいるのではないかとさえ言われています。単純に計算すると、20~40代女性の10~15人に1人がキャバ嬢ということになるようです。そう考えると、繁華街を歩く女性の半分くらいはキャバ嬢なのかもしれませんね。

キャバ嬢は人気の職業?!

なぜそこまでキャバ嬢の数が増えているのでしょうか?まず、店舗数そのものが多いことが挙げられます。正確な数字ではありませんが、例えば東京都内には1000軒以上のキャバクラがあると言われています。待遇はそれぞれ違いがありますが、どこも一般的なアルバイトに比べれば高収入ですし、風俗と違って体をはる必要もありません。なので女子大生やOLの副業として人気が高いのです。

また、近年キャバ嬢を扱ったドラマなども人気を博しました。彼女らのファッションやメイクも注目されていて、いわゆるアゲ嬢と言われる派手な外見を真似したいと思う子がけっこういるんですね。「将来はキャバ嬢になりたい」なんて女の子も意外に多く、きらびやか世界に憧れを抱き、上京後にキャバ嬢になるという子は本当に増えているのです。


文|瀬尾マサト


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


ぽっちゃりクラブ 福盛
キューティーキューピット
大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚
虹色メロンパイ横浜店

このコラムを書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサト

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店