2017年 08月 25日

782

彼氏と喧嘩してラブホ行きをOKしてくれたぽっちゃり系の女の子

清水照美

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://pochari-mania.net/
 

PPKYURNZ.jpg

どちらかというと、僕はデブ専なのかもしれない。というのは、彼女ができて友人に紹介すると、たいてい「えっ」という顔をされるからだ。ひどいときは「デブじゃん」とはっきり言われたこともある。

ちょっとぽっちゃりした女の子が好きなのは、自分でもわかっている。でも、それくらいは普通だと思っているので、驚かれるとこっちがびっくりしてしまう。

それにしても、ぽちゃ系が好きって、そんなに変なことなのかな。確かに、豊満な体系の女が好きな男は少ない気がするけど、僕はぽっちゃりした子以外はまったく眼中にない。

美月も、僕が好きになったぽっちゃりした女の子のひとりだ。
確かに普通の女の子より豊満な体をしているけど、僕にはデブというより「ぽちゃ」くらいにしか思えない。

美月は同じ会社で働く同僚だけど、仲のいい飲み友達でもあった。
僕は彼女のことが好きだったけど、友達以上の関係にはなれなかった。それは、美月に彼氏がいたからだ。

美月とは下ネタも平気で話せたし、「ラブホ行こうよ」みたいなことも、酔った勢いでいつも言っていた。

僕は冗談めかして言っていたけど、結構本気だったりした。でも、それは態度に出すわけにいかない。

ある日、美月と飲んだ帰りに、「ラブホ行こうか」と言ってみた。いつもの冗談だった。

「だーめ」という返事が返ってくるはずだった。ところが、その日は美月の口から意外な言葉が返ってきた。

「いいよ」
「えっ」
「今日だけあなたの女になってあげる。行こう」
「行こうってどこに?」
「ラブホだよ」
「マジで?」

僕は唖然としていた。まさかこんな展開になるとは思ってもいなかった。
うれしいはずなのに、それよりも面食らうほうが先だった。

「どうするの、早くしないとあと10秒で気が変わっちゃうよ。じゅう、きゅう、はーち…」

美月は勝手にカウントダウンを始めた。ゼロまでいったら、たぶんほんとに気が変わる。

「まって、わかったよ。行こう」

すると美月はニッコリ笑って腕を組んできた。
豊満な乳房が僕の腕に当たっている。それだけでドキドキものだ。なにしろ、これまで美月とは手を握ったこともなかったから。

腕を組んだまま、僕たちは駅とは反対の方向に歩き出した。外灯の少ない細い路地を入っていくと、その先にラブホテルがある。

僕は薄暗い石畳を歩きながら、聞きたくてしょうがないことを思い切って口にしてみた。

「どうしてOKしてくれたの?」
「あ?」

途端に美月が不機嫌な顔になる。これはまずい。下手すると怒って帰ってしまうかもしれない。美月の性格はよくわかっている。

「あ、いや。何でもない」

僕は無理に笑顔を作り、急いで話題を変えた。

ラブホに入ると、美月のほうからキスしてきた。それも、かなり激しいキスだ。

美月は豊満な体を僕にぶつけ、ブチュブチュ音を立ててディープキスをしてくる。

どうしたんだ美月のやつ。きっと何かあったんだ。たぶん彼氏のことだろうな。

そんなことを考えながら、僕は夢中で舌を絡めていた。いつもと違う美月の行動は、これだけではなかった。

「きて」

美月はシャワーも浴びずにベッドに上がり、僕のズボンを下ろすといきなりしゃぶりついてきた。

「おおう…」

僕は思わず声を漏らした。美月がフェラしてくれるなんて夢のようだ。

シャワー浴びてないから臭うはずだけど、美月は平気な顔でしゃぶっている。
もともとこういうのが好きなのか。それとも、彼氏に仕込まれたのか。

美月はフェラチオが上手だった。絶妙な舌遣いで亀頭を舐められると、いまにも射精しそうになる。

お返しにクンニしようとすると、「シャワー浴びてないからダメ」と拒否された。ちょっと残念だけどまあいいか。

「仰向けになって」と言われ、ベッドに寝転がると美月が上に乗ってきた。

「よいしょ」とか言いながら、美月はその巨尻で僕の上にまたがり、ペニスをつかんで穴の中に入れた。それから、ゆっくり巨尻を落としてくる。

膣の中は締まりがよくて気持ちがよかった。
巨尻を上下に揺すりながら「あん、あん」と声を上げ、しだいに美月が昇り詰めていく。

「ああ、だめ。イキそうよ…」

美月は豊満な乳房を揺らしながら、一層激しく巨尻を振った。

やがて、「あぅぅ、だめぇ!イッちゃう!」

美月は何度も巨尻をバウンドさせ、小刻みに痙攣しながら絶頂した。
僕もイキそうになったけど、コンドームをつけていない。

「俺はどうしたらいい?」切羽詰まった声を上げるとそれがおかしかったらしい。

「いいよ。そのまま出して」美月が笑いながら中出しの許可をくれた。

「いくよ!」

僕は下から勢いよく突き上げながら射精した。

シャワーを浴びてくつろいでいると、不意に美月のスマホが鳴った。

スマホの画面を見つめる美月の顔色が、見る見る変わっていく。彼氏からだと思った。

美月は背中を向けて電話に出た。
「ごめん」すぐに電話の向こうで謝る声がした。
「バカ、電話するのが遅いよ」美月は泣いていた。
「あんたはいつもこうなんだから」

思った通りだ。美月がラブホ行きをOKしてくれたのは、彼氏と喧嘩したからだったんだ。

その後、美月と彼氏は仲直りしたらしく、僕たちはまた元の飲み友達に戻った。

だけど、美月のぽっちゃりした体の感触が忘れられない僕は、相変わらず「ラブホ行こうよ」と誘っている。

「ばーか、もうあんなことはないよ」

美月は豊満な肉体を揺らして笑う。だけど、僕はきっとまたあると信じている。


文|清水照美

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

大阪ぽっちゃりマニア

このコラムを書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美

関連するその他の記事