BBW(ビッグビューティフルウーマン) きゃんでぃドロップス

2018年 05月 25日

54

【ライブチャット裏話24】私がチャットレディを辞めた理由

AV
タオ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.pochapochaparadise.com/
 

YXBEOCWJ.jpg

「高時給!高収入!」の文字に惹かれるがまま始めたチャットレディの仕事ですが、もちろん大変なことも多く続けているうちに「辞めよう」と思い始めました。1年近く続けたチャットレディをなぜ辞めたのか。今回はその理由についてご紹介します。

収入が不安定

一番大きな理由は「収入が不安定」ということです。出勤した日が多く、且つログイン率が良くなければ収入には繋がりません。出勤してもユーザー様のログインがなければその日は8時間パソコンの前にいても収入は0円になってしまいます。ログインに関わらず時給保証をしている事務所もありますが、その制度を適用される人は月に何百万円と稼いでいるごく一部のチャットレディです。月に数十万円稼げたこともありましたが、その次の月は数万円ということもあり収入に波があるので、「これだったら普通にコンビニバイトやったほうが安定して稼げる!」と思い始めました。

精神的にツライ

私が在籍したライブチャット事務所ではアダルトもノンアダルトもブースが一緒だったので(分けられている事務所もあります)、こっちがノンアダルトで普通に会話していても、隣でアダルトをやっていれば喘ぎ声が聞こえるなんてことも日常茶飯事でした。知らない女の子の喘ぎ声を聞きながら仕事をすることは、結構精神的にキツかったです。よほどエッチなことが大好きな女の子か、そういうのが全く気にならない女の子でないと、厳しいんだなあと思いました。逆にパソコンの画面に映し出されるユーザー様の男性器を見ることは全く苦にはなりませんでした。エッチなお話も平気でしたし、おっぱいを見せることもそこまで気になりませんでした。そう考えるとAV業界や風俗で働いている女の子は凄いなと感じます。

人に言えない仕事をしている後ろめたさ

チャットレディをやっているほとんどの女の子は親や友達、彼氏など親しい人には内緒でやっています。「エロ」に関係する仕事をしている人はほとんど内緒にしているのではないでしょうか。チャットレディは直接の性行為はないとは言え、世間的に認知度も低く、不特定多数のユーザーと関わることには変わりありません。私はチャットレディをやっていたことは未だに誰にも言っていません。もちろん履歴書にも書けないので職歴にもなりません。このような仕事をしているという後ろめたさが辞めた最大の理由です。よくAV女優さんは「この仕事に誇りを持ってやっている」と言いますが、これは彼女たちに才能があり覚悟が座っているからこそ言える言葉だと感じます。しかし、「エロ」の世界に関わったことで様々なことが知れましたし、人間の欲望の奥深さを体験することができました。


文│タオ


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


ぽっちゃりハム 新宿店
キューティーキューピット
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情
虹色メロンパイ横浜店

このコラムを書いた人

タオ

元チャットレディ。ノンアダルト、アダルトを経験。今はお堅い仕事やってます。

タオ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店